キリストの影響

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。
キリストの人生を見る

イエス・キリスト:人生と使命

このイエス・キリストについてのウェブサイトで、イエス・キリストが実にどのようなお方であられるかの投稿を見つけることができるでしょう。イエス・キリストは、古代と現代において御自身を明らかにされました。キリストはこの世の救い主、神の御子、神の右手に座する者です。わたしたち一人一人をご存知で、わたしたちの人生に個人的に関わっておられます。私たちは、イエスがあなたの個人的な仲介者であられることを知ることができますよう願っています。イエス・キリストは、わたしたち一人一人を贖い、天父の御前でわたしたちのために嘆願され、主の恵みと力を通して、わたしたちの日々の生活でとりなしてくださる御方です。

このイエス・キリストについてのウェブサイトChrist.orgは、救い主イエス・キリストがどなたであり、イエスがどのようにあなたの人生に影響を与えたかについて、人々と話し合う場所を提供し、イエスについてまたはイエスの生涯、御業、贖いの犠牲や復活の現実性について、疑問がある人々に手を差し伸べることを目的としています。誠実に真理を探求している方、イエス・キリストに従う人々からの思慮深い質問をお待ちしています。

Jesus.Christ.orgのサイトは、イエス・キリストについてモルモン教ではどのように信じているか疑問を持つ人にも、またキリスト教徒ではない方々を含む、いかなる信仰をお持ちの友人や家族にも紹介することができます。

主の唯一の道には近道はない

ドナー隊と呼ばれるグループは、真冬の雪山で嵐のなか近道をしようとして、逆に大変な思いをすることになりました。日本にも、「急がば回れ」ということわざがあります。主の道は、簡単そうに見える近道を選ぶのではなく、確実な道をできるだけ速く進むことです。それが、永遠の観点から見れば助けになります。

たとえの「ぶどうの木につながっている」という意味

イエスは本当のぶどうの木であるという意味は、主がいつも御父の願いに忠実で、わたしたちが成長したくさんの実を結ぶように配慮なさってくださるのです。主の望んでおられることは世話する植物ができるだけたくさんの実を結ぶことです。この場合、たとえていることは天の父が全力を尽くしてわたしたちが繁栄し、できる限り幸せになるように配慮なさるということです。天父はそれを、イエスを通してなさいます。直接ご自分で行なうことができないからです。

パリサイ人のようになってしまう4つの徴候とその克服法

救い主はパリサイ人に対し、愚か者、蛇、毒蛇などと呼び、あらゆる不潔なものとも言っています。私たちはパリサイ人になる傾向を避ける必要があります。それでは、4つの兆候と解決策を今回の記事で提案します。イエス・キリストは理想の教会の会員です。彼の模範に従いまことのクリスチャンとして成長しましょう。

その人は罪人を迎え

イエスキリストは罪人を救うために来たのです。そして私すべての人は罪人です。
私たちはイエスキリストの贖いを通して、悔い改め罪から清められることができます。

キリストに従う決意をする

わたしたちが変わり、悔い改め、人生の道を正す必要性に気が付きさえすれば、福音はわたしたちの生活のためだけでなく、わたしたちが人生で出会う人々を助けるために影響を与える、止められないほどの強い力となります。その大きな力を感じれば、わたしたちの人生にキリストを招くことがどれだけ不可欠なことかを知ることができるでしょう。 大いなる変化:謙遜、感謝そして愛が人をキリストに近づける...

イエスが歩いた場所は今

LDSマグはイエスが歩んだ場所の写真と説明を投稿し、私たちがイエスを身近に感じ、イエスの苦しみ、死、復活をより現実的に思えるように工夫してくれました。これらの写真や説明を通して、家族とキリストへの思いを分かちあってください。今週末のイースターが御霊に溢れたより良いものになることでしょう。

完全になること

聖書は神とイエス・キリストが完全な方だと教えています。また何人もの人間が完全な者であると述べています。ノア(創世記6:9)やヨブ(ヨブ1:1)がその例です。聖書はまたわたしたちに完全になるという目標に向かって努力するように教えています。

キリストの再臨のすべてを楽しむ様を想像する

この地上の歴史上、次に起こる最大の出来事である、キリストの再臨をあなたはどう想像していますか? ある程度、わたしは「来たれ恵みの泉よ」が大音量で響く中、主が栄光に満ちて天から降りて来られるのを興奮してながめながら、夏の麦畑に立っている自分をよく想像してきました。 わたしの心の目には、いくらか誤りがあることに気づきました。まず、わたしはもう麦畑の近くには住んでいませんし、恐らく、主が来られるときに、わたしは地上におらず、わたし自身が天から降りてくることになるかもしれないことに気づきました。...

著作権 © 2018 イエス・キリスト. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。