節目の年:33歳から34歳へ

節目の年:33歳から34歳へ

  サウンド・オブ・ミュージックの「Sixteen Going on Seventeen」が頭を流れていますが。。。(笑)わたしは今33歳です。(16歳じゃないです。笑)もうすぐ34歳になります。人生でとても大きな節目の年だと思っています。なぜって、それはクリスチャンだからです。 と言っても、多くのクリスチャンの方が意識しているかどうかは分かりませんが。。。   33歳とクリスチャンの繋がり...
他人と比べるのをやめる方法

他人と比べるのをやめる方法

この世には、あなたの比較対象となり得る人は、何十億人といます。ひとたび比較すると、なかなかやめられないと感じるかもしれません。わたしたちは皆、経験があります。もっと彼女みたいだったらいいのにと望んだり、彼のようでなくてよかったと思ったり。わたしたちは、自分を誰かと比較している間は、イエス・キリストのように考えたり行動していないことを知っています。...
思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるため

思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるため

子どもたちの好きなウルトラマン番組の主題歌。思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるためという歌詞が目に留まりました。作詞はアルフィーの高見沢俊彦さん。青春時代のミュージカルシーンを飾った人がつくった詩ということで飛ぶネコはとても親近感が湧きます。...
イエス・キリストも私たちが経験したすべてのことを経験された

イエス・キリストも私たちが経験したすべてのことを経験された

下記は、ランドール・J・ブラウンの著書、「キリストを体験する:救い主へのあなたの個人的旅路」(仮訳)からの抜粋です。この中でブラウンは、なぜ私たちが、生まれながらの人を捨て去って、すべてをイエス・キリストに捧げる必要があるのかを分かち合っています。彼の言葉がわたしに語りかけたと同じように大きな力をもって、あなたにも語りかけるように望んでいます。ブラウンは、モルモン教に属していて、献身的な信者でありイエス・キリストの弟子です。 私たちのすべてを体験なさる...