キリストと二人の子どもが歩く様子

 

数年前、わたしは女性の集会で話をするよう招待していただいたことがあります。それを妻に話したとき、彼女はわたしにこう聞きました。「何について話してほしいって頼まれたの?」わたしはとても興奮していたので、言葉がまぜこぜになってしまって、こう言いました。「強さを弱さに変えることについて話してほしいそうだよ。」彼女は少し考え込んでから言いました。「あら、彼らはその話にぴったりの人を選んだわね!」それについて、彼女は間違っていませんでした。そのテーマについてならわたしはたいそうな話が出来たでしょう。しかし今日は、わたしはもともとのトピックに戻って、「弱さを強さに変えること」と「イエス・キリストの愛がどのように十分なのか」(エテル書12:27、教義と聖約17:8、第二コリント人への手紙12:9参照)主の愛はわたしたちをかばい、変え、助けてくれるのに十分であることをお話をしたいと思います。

 

キリストの愛はわたしたちをかばうのに十分である

BYUのひとりの生徒がわたしのところに来て、話ができるかと聞きました。わたしは答えました。「もちろんだよ。どうしたの?」彼女は言いました。「わたし、神の愛がわからないんです。」

わたしは答えて言いました。「何がわからないんだい?」彼女は言いました。「わたしがベストを尽くせばイエス様が残りをしてくださることはわかっています。でもベストを尽くすことさえできないんです。」

それから彼女は、彼女がモルモン教の会員だから「しているべきこと」で、でもしてはいないことをすべてわたしに話し始めました。

彼女は続けて言いました。「わたしが自分のやるべきことをやれば、神様が残りの部分を助けてくれて、完璧とわたしとの間のギャップを埋めてくれるということはわかっています。でも今わたしがいるところから、わたしがやるべきことまでのギャップは誰が埋めてくれるのですか?」

そして彼女は、自身の戒めに反する行為について、すべてわたしに話し始めました。

ついにわたしはこう言いました。「イエス様は違いを埋め合わせはしないよ。イエス様こそが違いを作り出すんだ。神の愛は、ギャップを埋めることではないよ。わたしたちを満たすことなんだ。

彼女がまだ混乱しているようだったので、わたしは一枚の紙をとって、ふたつの点を描きました。ひとつは神で、上の方に、もう一つはわたしたちで、下の方に。そしてわたしはこう言いました。「神が先だ。線を描いてみなさい。わたしたちの役目はどのくらい?キリストの役目はどのくらい?」

彼女はそのページのちょうど真ん中までいって、線を描きました。そしてわたしたちが話して来たことを考慮しながら、そのページの下までいって、点の少し上に線を描きました。

「違うよ。」わたしは言いました。

彼女はこう言いました。「もっと高いと思ってました。思ったとおりに描けばよかった。わかってたのに。」

わたしは、「そうじゃなくて、実際は線なんかないんだ。イエス様がスペースを全部埋めてくれるからだよ。彼はわたしたちの借りをすべて支払ったんだ。コイン何枚分か残したりしなかったんだよ。全部支払った。それで終わったんだ。」と言いました。

彼女は言いました。「ああ!じゃあわたしはなんにもしなくてもいいんですね?」

「いやいや、」わたしは言いました。「君がやることはたっぷりあるよ。でもそれはギャップを埋めるためじゃないってこと。わたしたちはみんな復活する。みんな神の御前に帰る。わたしたちの従順さによって決まるのは、どんな体で復活するかということ、神の御前でどれだけ安心していられるかということ、それからどのくらい長くそこにとどまるつもりかということだ。

神はわたしたちに、神への信仰悔い改め聖約を交わし守ること、聖霊を受けること、そして最後まで耐え忍ぶことを命じられた。それに従うことで、わたしたちは正義の要求を支払わなくてよくなる。これっぽっちもね。そのかわり、わたしたちは、これを使ってキリストのような人生を送ることで、キリストがしてくれたことに対しての感謝を表しているんだよ。正義は即座に完璧であること、またはわたしたちが足りないときには罰を求める。その罰をキリストが受けてくれたから、彼はわたしたちに限りない完璧への機会を提示し、(マタイ5:48、第三ニーファイ12:48参照)その目標に届くようわたしたちを助けてくれることができるんだよ。彼は正義が許し得なかったものを許したから、今彼は彼自身の要求を持ってわたしたちに向き直ることができるんだ。(第二ニーファイ2:7、第三ニーファイ9:20)

「じゃあ違いはなんですか?」その少女は聞きました。「わたしたちの努力が正義から求められようとキリストから求められようと、求められてることに変わりはないじゃないですか。」

「その通り。」とわたしは答えました。「でもその目的が違うんだよ。キリストの要求を実行することは、家賃の変わりに住宅ローンを払うというか、借金を返す変わりに貯金口座に入金していくようなものなんだ。毎月支払わないといけないことに変わりはないけど、目的は全く違うんだよ。」

 

キリストの愛はわたしたちを変えるのに十分である

キリストがわたしたちのためにしてくださった取り決めは、母親が子供に音楽のレッスンを受けさせるのに似ています。母親はピアノの先生に支払います。みなさんのうち何人がわたしが言っていることが理解できるでしょうか?母親は借りを全部支払うからこそ、子供に向かって何かを求めることができるのです。それは一体なんでしょう?練習です。子供の練習はピアノの先生への支払いになるでしょうか?なりません。子供は練習することでピアノの先生に支払いをする母親に同じものを返すことができるでしょうか?できません。練習は、子供が母親の素晴らしい贈り物に対しての感謝を表す手段なのです。これは、母親が彼がよりよい人生を遅れるようにと与えてくれた素晴らしい機会を活用する方法です。母親は、同じものを返してもらうよりも、贈り物が有効に使われている、子供が上達していることを見る方がうれしいのです。だからこそ彼女は練習、練習、練習と言い続けます。

もし子供が、母親の練習への要求が行き過ぎだと感じたら(「もう、ママ、どうして練習しなくちゃいけないの?他の子は練習なんかしなくてもいいのに!結局僕はプロ野球選手になるんだから!」)、それはきっと彼が母親の目を通して物事を見ていないからでしょう。彼はより高い段階で生きることを選んだ方が、どれだけいいのかがまだ見えていないのです。

同じように、キリストは正義への支払いをしたので、わたしたちのほうに向き直り、こう言うことが出来ます。「わたしについてきなさい。」(マタイによる福音書4:19)、「わたしの戒めを守りなさい。」(ヨハネによる福音書4:15)もしわたしたちが彼の要求を行き過ぎだと感じるなら(まったく!他のクリスチャンの誰も十分の一なんて払わなくていいのに!他のクリスチャンのだれも伝道に行かないし、召しを果たさなくていいし、神殿の業もするひつようがないのに!)、それはきっとわたしたちがまだキリストの目を通して物事を見られていないからなのでしょう。わたしたちはまだ、彼がわたしたちをどのようにしたいのか理解することができないのです。

ブルース・C・ヘイフェン長老はこう書きました。「優れた仲介者が悔い改めを命じられたのは、彼が正義の要求をわたしたちのために満たしてくれたことに対する払い戻しをするためではなく、悔い改めが神の助けによってわたしたちを高徳な人格へと導く過程の先駆けとなるからです。」(打ち砕かれた心「ソルトレイクシティ:デゼレトブック、1989」)

ダリン・H・オークス長老はスペンサー・W・キンボール大管長の説明を示してこう言いました。「悔い改めをしている罪人はその罪によって苦しまなければなりません。しかしその苦しみは、払い戻しや罰とは違う目的を持つものです。その目的とは、変化なのです。(神の道「ソルトレイクシティ:デゼレトブック,1991」)わたしたちの例えの観点から見てみましょう。子供はピアノの練習をしなければなりませんが、その目的は罰や、払い戻しではありません。その目的とは、変化です。

わたしの“キリストによって生まれ変わった”友人は、わたしにこう言ったことがあります。「君たちモルモンは天国への道を自分たちで獲得しようとしている。」

わたしは言いました。「いや、天国を得ようしているのではないよ。それに向けて準備をしている(教義と聖約78:7)んだ。練習しているんだよ。

彼らは聞きます。「神の愛によって救われたことがあるか?」

わたしは答えます。「はい、もちろん。全くありがたいことに。ええ!」

そしてわたしは、彼らがおそらくしっかりと考えたことのない質問をします。「あなたたちは、神の愛によって変えられたことがありますか?」彼らは救われることに夢中で、そのあとにくることを十分に考えていないのでしょう。借りが支払われることが幸せでしょうがないので、大体なぜその借りが存在したかなど考えたことがないのかもしれません。末日聖徒は、イエスがわたしたちをなにから救ってくれたかだけでなく、何のために救ってくれたかも知っています。わたしの友人、ブレット・サンダースいわく、「神の愛によって影響を受けた人生は、最終的にキリストの人生のようになる。」わたしの友人、オマー・カナルズが言うには、「他のクリスチャンは、キリストの受けた苦しみこそが唯一の大きな助けだったと信じているが、末日聖徒は同時にそれが大きなわたしたちへの投資であったことを認識している。」モロナイが言うには、神の愛とはただ救われることだけではなく、キリストのようになることなのです。(モロナイ書7:48)

いの奇跡は、わたしたちが死後も生きられるということだけではなく、わたしたちがより豊かに生きられるというところにあります。(ヨハネによる福音書10:10)贖いの奇跡は、ただわたしたちが清められ、慰められるということだけでなく、わたしたちが変えられるというところにあります。(ローマ人への手紙8章)聖典は、汚れたものは神とともに住むことはできないとはっきりと述べています。(アルマ40:26)しかし、兄弟姉妹の皆さん、変化を経験していないものは神とともに住みたいとさえ思わないのです。

霧の中を赤いジャケットの男性が行く

わたしはまた刑務所から出たばかりの若い青年を知っています。分岐点に来るたびにいつも、彼は間違った方を選んできました。いつもです。彼が、十代の青年が持ち得るあらゆる悪い習慣と決別しようとしていたとき、わたしは彼の父親にこう言いました。「彼を青少年のための特別なプログラム(EFY)に参加させなければいけません。」わたしは1985年からこのプログラムを助けています。このプログラムがなし得る良いことはわたしが知っています。

彼の父親は言いました。「そんなお金の余裕はありません。」

わたしは言いました。「わたしにもそんな余裕はありません、でもあなたが少し、わたしが少し出して、わたしの母のところに行きましょう。彼女は本当に甘いですから。」

わたしたちはやっとその青年をEFYに参加させましたが、彼はEFYでどのくらい続いたと思いますか?一日ももちませんでした。一日めの終わりには、彼は母親に電話して言いました。「ここから出せ!」天国は、そのようになることを選択しない人にとっては天国にはなれないのです。

過去に、わたしは心に、最後の審判がどんなものかを思い描いていました。それはこのように進みます。イエスが部屋のあちら側にクリップボードを持って立っていて、ブラッドは部屋の反対側で緊張した顔でイエスを見つめながら立っています。

イエスは彼のクリップボードを見て言います。「あぁ、しまったね、ブラッド。2ポイント足りないよ。」

ブラッドはイエスにすがりつきます。「お願いです、イエス様。エッセイの問題をもう一度見てください!そのエッセイからなら2ポイントくらいどうにかなるはずです!」わたしはいつもこんなふうに思い描いてきました。

しかし年を重ねるごとに、そしてこの素晴らしい贖罪の計画に対する理解を深めるにつれて、わたしは最後の審判で、悔い改めの済んでいない罪人がイエスにすがって「ここにいさせてください!」というようなことにはならないということがわかってきました。いいえ、彼はきっとこう言うでしょう。「ここから出してくれ!」キリストの人格を知っているので、わたしはもし誰かがある理由ですがるとしたら、それはイエスが悔い改めの終わっていない罪人に対して「お願いだから、ここに残ることを選択してください。わたしの贖いを使いなさい。清められるためだけにではなく、あなたが変わるように、そうしてここにとどまりたいと思えるように。」

贖いの奇跡は、わたしたちが天の家に帰れるということだけではなく、奇跡的に、わたしたちがそこを家だと感じられるところにあります。もしキリストが信仰と悔い改めを要求しなかったならば、そこに変わりたいという望みはないでしょう。信仰や悔い改めなしで生きることを選んだあなたの友人や家族のことを考えてみてください。彼らは変わりたくないのです。彼らは罪を捨てて神と打ち解けようとはしていません。むしろ、彼らは神を捨てて罪と打ち解けようとしています。もしイエスが聖約を要求せず、聖霊を授けなかったら、変わる方法はなくなります。わたしたちは意思の力のみに頼るしかなく、神の力にアクセスすることができないでしょう。もしイエスが最後まで耐え忍ぶことを要求しなかったら、それらの変化が内面に影響を及ぼすことはないでしょう。それらはわたしたちの中に沈み込み、わたしたちの一部とはならず、むしろ永遠に表面的でうわべだけのものでしょう。簡単に言えば、もしイエスが練習を要求しなかったら、わたしたちは永遠にピアニストになることはできないのです。

「でも、ウィルコックス兄弟、練習することがどれほど大変なことかわからないのですか?わたしはとにかくピアノが上手ではないのです。正しくやろうとしたら膨大な時間がかかります。」ちょっと待ってください。それこそが学ぶ過程ではないですか?若いピアニストが間違った鍵盤を押したとき、わたしたちは、彼には弾き続ける資格がないとは言いません。わたしたちは、彼が完璧であることを望んではいません。ただ、挑戦し続けることをのぞんでいるだけです。完璧に弾くことが彼の最終的な目標かもしれませんが、今は正しい方向に進歩しているということだけで満足してもいいのです。このような観点は、ピアノを習うことで考えればこんなにも簡単なのに、天国について学ぶことを考えると、とても難しいのはどうしてでしょう?

とても多くの人が、常に自分が足りないような気分を味わうのに疲れて教会を離れていきます。彼らは過去に挑戦して来て、でもいつも自分はただもともと求められるほど良くないのだと感じて来た人たちです。彼らは神の愛を理解していません。

自分たちが、神に愛された神の娘・息子であり、また自分たちも神を愛していることを知っている若い人々たちがいます。高校を卒業したとき、彼らが覚えて来た価値観が試されます。へまをすることもあるでしょう。事が進みすぎ、すべては終わりだと考えます。これらの若い人々たちは神の愛を理解していません。

「伝道に行きたい」と人生ずっと歌い続けて来た若い男性たちがいます。そして彼らが実際に20~30センチ背が伸びた頃、彼らは出て行きます。イーグルスカウトを終え、高校を卒業し、大学に進学します。そして彼らは突然、信頼に値せず、忠実でなく、助けにならず、友好的でなく、礼儀がなく、親切でなく、従順でなく、生気がなく、けちで臆病者で元気のない、敬けんではない状態になることがどれほど簡単なことかを知ります。彼らは「もう二度としない」と言いますが、また繰り返します。彼らはまた「もう二度としない」と言いますが、また繰り返します。彼らは言います。「こんなのばかばかしい。もう本当に二度としない。」そして彼らはまた繰り返します。罪悪感は耐えられないほど大きくなります。ビショップに話をする勇気はありません。そのかわり、彼らは隠します。そしてかれらは言います。「モルモンなんてやってられない。やってはみたけど、期待が高すぎる。」そして彼らは諦めます。これらの若い男性は、神の愛を理解していません。

わたしは何人か、伝道から帰ってきてからもう終わったと思っていた悪い習慣に逆戻りしてしまう帰還宣教師たちを知っています。彼らは神と、天使と、証人たちの前で交わされた約束を破り、そのために彼ら自身にはもう望みがないと思い込んでしまいます。彼らは言います。「ああ、もうだめだ。もう頑張ったってしかたない。」そうでしょうか?これらの若い人々は彼らの伝道中ずっと人々に、イエス・キリストと彼の贖罪について教えて来たのに、今彼らには望みはないのでしょうか?これらの帰還宣教師たちは、神の愛を理解していません。

結び固めの儀式が終わった後に、結婚には調整が不可欠だと気がつく若いカップルがいます。人生の山のプレッシャーやストレスが経済的に、精神的に、そして性的にさえも大打撃を与え始めます。間違いが起き、壁が厚くなります。そしてすぐにこれらの夫婦はお互いにではなく離婚弁護士と話を始めるのです。これらの夫婦は神の愛を理解していません。

これらのすべてのケースの選択肢はただ完璧か、諦めかの二つであるべきではありません。ピアノを習っているときのオプションは、カーネギーホールで演奏するかやめるか、でしたか?違います。成長と発達には時間がかかります。わたしたちが神の愛を理解するとき、わたしたちは同時に神は辛抱強く、またその変化は過程であり、悔い改めはわたしたちの生活のパターンであるということも理解します。わたしたちが神の愛を理解するとき、わたしたちはキリストの贖罪の祝福は継続的で、わたしたちの弱さにあって彼の強さは完璧であることを知ります。(第二コリント人への手紙12:9)わたしたちが神の愛を理解するとき、教義と聖約にあるとおり、わたしたちは“完全にされるまで忍耐強くあり続ける”ことができるのです。(教義と聖約67:13)

ひとりの青年がわたしにこのようなEメールをくれました。「神がすべての力を持っていることを知っています。そして神が、僕がふさわしければ、僕を助けてくれることも知っています。でも僕は助けを求めるのにふさわしくないのです。僕はキリストの愛を欲しています。でもいつも同じ、自滅的で不可能なポジションで身動きが取れなくなっていることに気がつくのです。働かなければ神の愛もない。」

わたしは彼に返事を書き、心から、キリストはわたしたちが「できることすべて」をやりきったときのゴールラインで待っているわけではない(第二ニーファイ25:23)と証しました。彼は道の一歩一歩をわたしたちとともに歩んでいます。

ブルース・C・ヘイフェン長老はこう書いています。「救い主の贈り物、神の愛は、わたしたちがすべてできることをした“あと”に限られているわけではありません。わたしたちは彼の慈愛をその前に受け取ることもあるでしょうし、努力をしているまっただ中で、またそのあとで受け取ることもあります。(打ち砕かれた心「ソルトレイクシティ:デゼレトブック、1989」) 慈愛は、わたしたちの燃料供給が疲れ果てたときに放出されるブースターエンジンではありません。むしろ、それはわたしたちの普遍の燃料源です。それはトンネルの向こうの灯りではなく、トンネルの中でわたしたちと共に動く光です。慈愛は道の途中で達成されるものではありません。たった今、まさにここで受け取られるものです。それは最後の仕上げではなく、完成させるものの手です。(ヘブル人への手紙12:2)

12日後には、開拓者の日を祝います。1847年の7月24日、最初の聖徒たちのグループがソルトレイク・バレーにつきました。彼らの旅は難しく、過酷でしたが、それでも彼らは歌いました。

恐れず来れ聖徒 進みゆけよ その旅はつらくとも 恵みあらん (“恐れず来れ、聖徒“ 賛美歌17番)

“恵みあらん”—なんと興味深いフレーズでしょう。わたしたちは皆この歌を何百回も歌ってきましたが、立ち止まって、その意味をよく考えたことがあるでしょうか?“恵みあらん”:恵みが一日のようになるように。夜が暗くなるほどに、わたしたちはいつでも太陽が昇ってくることをあてにできます。わたしたちの試練、罪や間違いが暗くうつるほど、わたしたちはいつも神の慈愛に自信を持つことが出来ます。わたしたちは日の出を自分たちで獲得しますか?いいえ、しません。わたしたちはやり直すためにふさわしくなる必要がありますか?いいえ、ありません。ただわたしたちはこれらの祝福を受け入れ、有効に活用するべきです。新しい一日一日と同じくらい確かに、イエス・キリストの授権力は不変です。信仰深い開拓者たちは、彼らが孤独でないことを知っていました。彼らの目の前の課題は、彼らのすぐ後ろの力に勝ってはいませんでした。

結論

神の慈愛は十分である。わたしたちの借りを返し、わたしたちを変え、そして変化の過程が続くかぎり、わたしたちを助けてくれるのに十分です。モルモン書は、「聖なるメシヤの真の価値、慈悲、そして慈愛」にただ一心に頼るようにわたしたちに教えています。(第二ニーファイ2:8)わたしたちがそうするとき、他の少しのクリスチャンがするように、神はわたしたちに何の期待もしていない、という発見をすることはありません。むしろ、わたしたちはなぜ彼がそんなにたくさんを要求するのかを、そして彼が要求するすべてのことを行う強さを見つけることでしょう。(ピリピ人への手紙4:13)慈愛は、神の高い期待の欠如ではありません。慈愛は神の力の存在です。(ルカによる福音書1:37)

ニール・A・マックスウェル長老は一度このように言いました。

ではわたしに話をさせてください…間違った危険な状態に巻き込まれている人々、王国で献身的に働いていたにも関わらず、永遠に神の期待に沿うほどの力がないという感情を繰り返し感じている人々…

…この不十分だという思いは普通です。教会が、正直に大きな距離を作り出すことなく、わたしたちがどこまで行かなければならないか、なにをしなければならないかを説明することは不可能です。

…これは壮大な期待の福音です。しかし神の慈愛はわたしたち一人一人に十分です。(リアホナ 1976年11月号)

マックスウェル長老同様、わたしも、神の慈愛が十分であると証します。キリストの慈愛は足ります。十分なのです。それがわたしたちに必要なすべてです。若人のみなさん、諦めないでください。頑張り続けてください。逃げ道や、言い訳を探さないでください、主を探し、彼の完全な強さを探してください。責めるべき人を探さないでください。あなたを助けてくれる人を探してください。キリストを求めなさい。そうすれば、わたしたちが神の驚くべき慈愛と呼ぶ神の愛を感じるとわたしが約束します。この証を心からの愛を込めて残します。あなた方を本当に愛しているからです。神が知るように、わたしはこの教会の青年たちを愛しています。あなたたちを信じています。あなたたちを応援しています。そしてわたしはそのような唯一の人物ではありません。両親があなたたちを応援しています。指導者たちも預言者たちも応援しています。そしてイエスはあなたがたと共にいます。すべてを神の御子、イエスキリストの名によって証します。アーメン。

 

この記事はブラッド・ウィルコックスによって書かれました。彼は末日聖徒イエス・キリスト教会の中央日曜学校委員会の会員であると同時に、BYUのデビッド・O・マッケイ教育学部にある教育学部の准教授でもありました。

The following two tabs change content below.

Mami

日本チームマネジャーモアグッド財団
真実さんはブリガム・ヤング大学ハワイ校で英語を学びました。ユタ州立大学では音楽療法を学び、音楽療法士の資格を取りました。広島伝道部で18か月伝道しました。料理やダンス、音楽演奏などに取り組むことが好きです。子育てと畑仕事も頑張っています。
タグ: ,