キリストが贖罪のために祈る様子

この写真はlds.orgより

わたしたちがイエス・キリストの贖罪を用いていない事柄は多く存在します。多くの人は彼らが罪を犯した時にだけ主の助けを求めます。しかし、贖罪は単に罪を償う為のものではありません。贖罪はすべてに適用されます。贖罪は、わたしたちがいつか神の元に帰る事ができるようにする為の主のわたしたちへの愛です。また、贖罪は、わたしたちが辛い時も幸せな時も愛と平安を見出す為のものです。ダリン・H・オークス長老はこう言います。

「死すべき状態は、「死」と「罪の重荷」が確実に含まれます。イエス・キリストの贖罪は、死すべき状態の格闘の中で、死と罪以外にも様々な試練に遭遇します。救い主は、同じ贖罪により、死すべき状態の試練を克服するのに必要な強さを授けてくれます。」

健康、病気、怪我

血圧を測ってもらう様子

2016年秋、わたしは腰の怪我を患いました。3つの円盤の断絶と、そしてそれら脊柱の髄液が脊椎間に漏れ、足の神経の働きが乱れ、足の感覚が麻痺し、歩けなくなりました。それはわたしが大学に入学して初めの週でした。わたしは授業に行くことができなかったので、健康上の都合による休学届を提出しなければいけませんでした。

家に帰る事はわたしにとって難しい決断でしたが、怪我の痛みの為、授業に行くことは不可能である事はわかっていました。わたしの両親はわたしを迎えに来てくれ、引っ越しの手伝いをしてくれました。それからわたしは痛みに苦しみました。リハビリに行き、背骨に注射をし、複数のドクターの診察を受け、緊急病棟に2回運ばれ、CTスキャンをし、MRIを受け、そして脳神経外科医に診てもらいました。その時自分が幸せであると感じることはできず、そして自分に嫌気がさしていました。

わたしは神と向き合い、この痛みがなくなり、リハビリ師がわたしがまた強さを取り戻すのを助け、以前のように毎日に支障なく生活できるように祈りました。ベッドから起きて自分で歩き、家族と一緒に出掛ける事ができるように祈りました。ダリン・H・オークス長老のこの言葉が浮かびました。

「救い主は、『御自分の民を彼らの弱さに応じてどのように救うかを肉において知ることができるように』、死すべき状態に含まれるあらゆる試練を『肉において』受けられました。ですから主は、人の苦闘、心痛、試練、苦痛をご存知なのです。それは、主が贖罪の本質的な部分として、それらを全て進んで経験されたからです。それゆえに、主の贖罪を通して、主は人を救うことがおできになります。すなわち、全てに耐える強さを人にお授けになれるのです。」

主が死すべき状態の試練を受けられたことによって彼はわたしの苦しみをお解りです。腰の円盤の断絶がどのようなことかをお解りです。わたしは、この痛みに耐えられるように、そしてこの苦しい時期に慰めを受けられるよう祈りました。

わたしは怪我後初めて、心に平安を感じました。それはとても温かく、誰かに抱きしめられているようでした。わたしはリハビリを続け、身体を強化しました。2017年1月の冬学期から、わたしは学校に戻ることができました。わたしは痛みなく歩ける事に喜びを感じました。


拒絶

拒絶されて悲しむ男性

わたしたちがこの地上で直面しなければならない多くの痛みの中に拒絶があります。これは特に10代を中心に様々な世代の人々が経験します。彼らは、宗教、皮膚の色、性別、趣味、体型、そして人格によって拒絶されます。

わたしは、10代の頃、自分の容姿によって多くの拒絶と向き合いました。わたしが友達だと思っていた人達から、身体が大きいことや、正しい選択を選びたいという事によっていじめを受けました。価値がない人間であるということや、バカだと毎日言われることはとても辛く、絶望的です。主は、わたしを励ますことができるようにこれらの全ての事を経験されました。

大人になると、拒絶は職を失ったり、その他の様々な場合にやってきます。「この状態に悩んでいる人々は、救い主もこの種の苦しみを経験されたこと、そして、贖罪を通じて、主はそれに耐える強さを与えてくださることを忘れないでください。」(イエス・キリストの贖罪により強められる-オークス長老)わたしたちは、主がこれら贖罪によってこれら全ての事を感じ、そしてわたしたちを励ます為に助けられるということを忘れてはいけません。彼はわたしたちに、わたしたちが気付いていない強さを与えて下さいます。

「わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。(コリント人への第二の手紙4:8)わたしたちは、霊的な成長には全ての物事に反対のものがなければいけないことを知っている。(第二ニーファイ2:11)にもかかわらず、主はご自分の民を懲らしめるのを、御心にかなうことと見ておられる。まことに、主は民の忍耐と信仰を試される。(モーサヤ23:21)しかし、聖典には彼を信頼する人が救われるということが書かれています。」 (神の証人として生きる-オークス、英語)

依存

パソコンに縛られる手

これはわたしたちの聖霊に大きな影響を及ぼします。皆さんの中にはポルノグラフィーや薬物の依存症に苦しむ人を知っているかもしれません。これらの依存症は、一度はまってしまうとなかなか抜け出すことができなくなってしまいます。これがあなたに対することでも、あなたの愛する人に対することでも、贖罪に還らなければなりません。それはあなたについている依存症の「グリップを緩め」ます。もう一度主に心を向け、そして乗り越える為の強さを受けてください。

わたしはこれまでの人生の中で、依存症に苦しむ多くの友人を見てきました。世の中には沢山の種類の依存症があります。わたしは食べ物への依存症に苦しみました。わたしは特に、悲しさや孤独から自分を慰める為、心を落ち着かせる為に食べ物を利用していました。贖罪はそれを補ってくれます。主が贖罪を行われたのは、それがわたしたちを救い、わたしたちに何が起こり、わたしたちが何を行ってもわたしたちを助けてくれます。その時わたしたちには悔い改めが必要になります。

「悔い改めほど、神の寛大さと思いやり、そして憐れみが豊かに表れているものはありません。救い主であり、贖い主である神の御子によって成し遂げられた、完全な清めの力をあなたは理解しているでしょうか。主は言われました。『見よ、神であるわたしは、すべての人に代わってこれらの苦しみを負い、人々が悔い改めるならば苦しみを受けることがないようにした。』贖い主はこの上ない愛の行為によって、わたしたちが受けなくてもよいように、わたしたちの罪に対する罰を受けてくださいました。」(ボイド・K・パッカー「罪の内側を清める」

贖罪は全ての人に適用されます

海の中のダイバー達

わたしはとても信じ難い事に気が付きました。神はわたしたち全ての人の為に自らの息子を苦しい状況に送り出したということです。わたしたちが必要としている慰めを受ける事ができるようにです。わたしは高校生の頃祈る事を止めた時期がありました。神はわたしの事など気に掛けていない、そんなことは不可能だと感じたのです。周囲の人から価値のない人間だと言われ続け、それ以外の事を信じることができなくなりました。

大学に入り、友達を作るのはわたしにとって難しい事でした。高校の友達と同じように大学でも皆がわたしの事を同じように感じていると感じていました。自分は愛されない人で、主がわたしの為に贖罪を行われる理由などないと思いました。わたしは贖罪の本当の意味、そして贖罪がどうわたしを補っていたか、そして贖罪がどれぐらいわたしを励ましていたかを理解していませんでした。

わたしは大学の最初の学期でその意味を理解しました。その時わたしはひどいホームシックにかかっていて、初めて一人になることに不安や恐怖心を感じました。わたしは誰にも打ち明けずにずっと一人で部屋に閉じこもりました。わたしは鬱病と不安発作に苦しみました。

わたしには1人の素晴らしいルームメイトがいました。彼女はわたしの異常に気が付き、個人的に話をしに来てくれました。彼女はわたしがビショップに話す時も一緒に来てくれました。その後も彼女は毎日わたしの話しを聞いてくれ、そして神様についてわたしが理解するのを助けてくれました。わたしたちは贖罪についてそして贖罪の意味について深く話しました。

「死すべき状態において贖いの経験をなさったおかげで、救い主は全地に住む全ての男女を慰め、癒し、強めることがおできになりますが、主は、主と主の助けを求める人だけにそうなさるのだとわたしは信じています。使徒ヤコブは「主のみまえにへりくだれ。そうすれば、主は、あなたがたを高くして下さるであろう」と教えています(ヤコブの手紙4:10)。わたしたちは、主を信じ、主の助けを祈り求めるときに、その祝福を受ける資格があるのです。」(イエス・キリストの贖罪により強められる ダリン・H・オークス長老)

それを信じる事は難しいかもしれませんが、贖罪は全ての人に与えられています。わたしたちはただ、彼の助けを求めるだけです。イエス・キリストの贖罪は主のわたしたちへの愛なのです。

 

この記事はもともと Elizabeth Merrill によって書かれ、mormonhub.comに投稿されました。

The following two tabs change content below.
ヴィアロボス葵 鹿児島県、奄美大島出身。大学在学中カナダに1年間留学。帰国後卒業し、その後ユタ州に留学。知らない所に旅に出かけることが大好き。一番好きだった旅先はパリ、フッセン(南ドイツ)ロンドン。
著作権 © 2018 イエス・キリスト. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。