アイリング管長とクック長老が話す

写真は末日聖徒イエス・キリスト教会のニュースルームより

アイリング管長は、Facebookで今日、モルモン教の会員に次の2つのことを行う努力をするよう、呼びかけられました。まず1つ目は、救い主が行われたように行うことです。そして2つ目は、救い主が愛されたように愛することです。これは1つ目よりもさらにもっと難しい課題ではあるものの、尚いっそう重要なことです。

 

救い主が愛されたように愛する

テロ攻撃、対立する政治、信仰とそれを実践することへの攻撃が存在するこの世界に、愛という言葉は無関係に思えるかもしれません。ときにわたしたちは、自分たちが信じる価値を支持するために、まわりで争いごとが起きるのは仕方のないことと正当化することがあります。

しかしこのようなときに、わたしたちは、イエス・キリストが「争いの心を持つ者はわたしにつく者ではなく、争いの父である悪魔につく者である」(3ニーファイ11:29)と教えられたことを忘れているのです。わたしたちは、イエス・キリストが、主と異なる生き方をしてきた罪人をなぐさめ、癒されたことを忘れています。主を虐げ、主につばを吐き、主を死へと追いやった兵士たちを、主が愛されたことをわたしたちは忘れています。

そのため、ヘンリー・B・アイリング管長の最近の平和と愛に関するメッセージは、現在のわたしたちの世界において、わたしたちを元気づける必要なものなのです。わたしは、新しい試練や社会的闘争にぶつかるたびに、わたしたちを現在導く預言者と使徒たちがおられることにとても感謝します。

わたしは、皆さんが今日出かけて行って、主が行われたように行い、主が愛されるように愛する機会を見つけられるよう望んでいます。わたしは、あなたが子供だったときによく感じた平安を感じ、その平安があなたのもとにとどまることを約束いたします。

主が弟子たちと交わされた約束は真実です:「わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。」

わたしたちの中には誰も、完璧な人はいません。しかしわたしたちは、神の道に従っている確信をしばしば得ることができます。主は、わたしたちを導き、わたしたちが主に従うよう、わたしたちを招いておられます。

 

この記事はもともと、ダニエル・B・ワグナーによって、LDSLivingに書かれたものであり、スミス寿子により翻訳されました。

The following two tabs change content below.

スミス 寿子

スミス寿子さんは、横浜に生まれました。17歳のときに、ユタ州で一年交換留学生として過ごしました。その後、リックス・カレッジ(現在のBYUアイダホ)、BYUハワイで学び、最終的にBYUプロボで卒業しました。夫と4人の娘がいます。趣味は、編み物、料理です。特にヴィーガン料理に興味を持ち始めて色々試すことにはまっています。
著作権 © 2019 イエス・キリスト. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。