オークス長老:「憎しみという現代の風潮から離れてください」

オークス長老:「憎しみという現代の風潮から離れてください」

2月に執り行われたブリガム・ヤング大学ハワイ校の卒業式において、ダリン・H・オークス長老は会員らに会話やオフラインの状態でも「醜さや個人的な卑しさ」を控えるように勧告しました。最近のフェイスブックの投稿にはオークス長老は会員たちが「憎しみという現代の風潮から離れて、よくある論争となるやりとりをやめる」ように勧告しました。   争いの心を避ける...
ハッピーになることと、キリストと歩むことの選択の違い

ハッピーになることと、キリストと歩むことの選択の違い

ハッピーになる選択。短くてシンプルな表現ですが、捉え方は人それぞれです。このフレーズには前向きな捉え方をする人が多いと思いますが、時として、その選択をすることがどうしようもなく不可能に感じる人もいるはずです。試練の中にいる人たちへ「ハッピーになる選択」をするようすすめる時、その人たちは苦難の中に光を見い出したり、その中で受ける感情や精神的なトラウマから離れることを望んでいます。...
あなたが今日行うよう、アイリング管長が望む2つの事柄

あなたが今日行うよう、アイリング管長が望む2つの事柄

アイリング管長は、Facebookで今日、モルモン教の会員に次の2つのことを行う努力をするよう、呼びかけられました。まず1つ目は、救い主が行われたように行うことです。そして2つ目は、救い主が愛されたように愛することです。これは1つ目よりもさらにもっと難しい課題ではあるものの、尚いっそう重要なことです。   救い主が愛されたように愛する...
思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるため

思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるため

子どもたちの好きなウルトラマン番組の主題歌。思い通りにならなくても自分らしくあれ 迷わず生きるためという歌詞が目に留まりました。作詞はアルフィーの高見沢俊彦さん。青春時代のミュージカルシーンを飾った人がつくった詩ということで飛ぶネコはとても親近感が湧きます。...
著作権 © 2019 イエス・キリスト. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。